リョウシンjv錠

リョウシンjv錠の口コミと効果を分析した結果

 

 

■リョウシンJV錠が関節痛・神経痛緩和に優れている点は?

 

リョウシンJV錠は、富山常備薬グループが販売する第3類医薬品です。

 

主にひざ・腰・肩の関節痛や神経痛の緩和に、飲んで効くお薬となっています。

 

少子高齢化に伴い、およそ1800万人が悩んでいると言われる「ひざの痛み」。

 

リョウシンJV錠は、関節や神経の痛みを手軽に和らげてくれるお薬として、効果の高さに口コミでも注目が集まっています。

 

リョウシンJV錠の主な特徴は、6つの有効成分が3ステップで痛みの症状を緩和する点にあります。

 

【栄養補給】⇒【血流の促進】⇒【痛みの緩和】

 

それぞれの有効成分が適切に作用し、痛みの原因に体の内側から働きかけます。

 

リョウシンJV錠の有効成分については後ほどご紹介しますが、まずは関節痛や神経痛の原因を見てみましょう。

 

 

 

■痛いひざ・腰・肩の関節痛と神経痛の原因は?

 

年齢を重ねると、どうしても節々に故障が出てしまいますが、ひざ関節の痛みは特に深刻で、日常生活にも大きな支障が出ます。

 

ひざが痛いと歩くのも億劫になり、外出や運動が減ることで、さらに肥満や大きな病気・ケガの原因にも繋がります。

 

ひざ・腰・肩といった関節が痛む原因は、主に2つ。

 

1.関節の老化
2.筋肉の硬直

 

加齢により関節の老化が進行すると、関節の軟骨が固くなり、動かすことで徐々に擦り減っていきます。

 

軟骨が擦り減ると骨同士がぶつかり、これが痛みの原因となります。

 

さらに、年齢とともに筋肉が衰えるため、筋力の低下と血流の悪化で筋肉は固くなります。

 

硬直した筋肉は神経を圧迫し、痛みの原因を作ります。

 

このような関節痛・神経痛の痛みを改善するには「栄養補給」と「血行促進」が急務です。

 

リョウシンJV錠は、この点に着目し、最適な有効成分を配合したお薬です。

 

 

 

■リョウシンJV錠の有効成分と効果は?

 

リョウシンJV錠には、3種の効果を持った6つの有効成分が配合されています。

 

 

【栄養補給成分】

 

1.フルスルチアミン塩酸塩

 

ビタミンB1誘導体のフルスルチアミン塩酸塩は、食事からでは吸収されにくいビタミンB1の弱点を克服するために開発された成分です。

 

腸管からの吸収率が高く、栄養となって筋肉や神経に素早く行き渡ります。

 

リョウシンJV錠には、国内承認の最大量109.16mgのフルスルチアミン塩酸塩が配合されています。

 

 

2.パントテン酸カルシウム

 

パントテン酸カルシウムはビタミンB5とも呼ばれ、脂質・糖質・タンパク質の代謝に欠かせない重要な成分です。

 

新陳代謝の促進・しみ・そばかす・日焼けの改善を目的とした医薬品に用いられるほか、ビタミン補給の栄養剤などに配合されることの多い成分です。

 

 

【血流促進成分】

 

3.トコフェロールコハク酸エステルカルシウム

 

末梢の血液循環を改善し、神経や筋肉組織に酸素や栄養素の補給を促す成分です。

 

 

【痛みの緩和成分】

 

4.シアノコバラミン

 

ビタミンB12のひとつであるシアノコバラミンは、筋肉や神経の正常な機能を維持するのに必要な成分です。

 

疲れや病気により落ちてしまった体力のサポートや、運動不足による筋力低下を防ぐ効果も期待できます。

 

リョウシンJV錠には、国内承認の最大量1,500μgのシアノコバラミンが配合されています。

 

 

5.ピリドキシン塩酸塩

 

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)は、たんぱく質や脂質の代謝を促します。

 

皮膚と粘膜を正常な状態に保つ効果により、痛みの緩和をサポートしてくれる成分です。
リョウシンJV錠には、国内承認の最大量100mgのピリドキシン塩酸塩が配合されています。

 

 

6.ガンマ-オリザノール

 

ガンマ-オリザノールは天然のポリフェノール成分で、抗酸化作用・血行促進のほか、神経の健康を守る作用が期待できます。

 

加齢による活性酸素の増加は神経痛にも大きく関わっていると言われ、ガンマ-オリザノールは抗酸化作用により細胞の酸化を防ぎ、関節炎の抑制などが期待できる成分です。

 

リョウシンJV錠には、国内承認の最大量10mgのガンマ-オリザノールが配合されています。

 

 

 

■リョウシンJV錠の口コミで分かる効果の秘密

 

リョウシンJV錠を実際に飲んだ方の口コミを調べてみました。

 

残念ながら、リョウシンJV錠に関する有益な口コミは見当たらず、ここでご紹介できるものはありません。

 

楽天やAmazonなどのネットショップでも取り扱いが無いため、口コミは非常に少ないのが現状のようです。

 

 

 

■リョウシンJV錠の効果効能は?

 

医薬品として、リョウシンJV錠には下記の効果効能が表記されています。

 

●次の諸症状の緩和:筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、神経痛、手足のしびれ、眼精疲労

 

「ただし、これらの症状について、1ヶ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師又は薬剤師にご相談ください。」

 

●次の場合のビタミンB1・B6・B12の補給:肉体疲労時、病中病後の体力低下時、妊娠・授乳期

 

 

 

■リョウシンJV錠の成分量は?

 

<3錠(1日最大服用量)中の成分量>

 

フルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB1誘導体) :109.16mg
(フルスルチアミンとして:100mg)
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6):100mg
シアノコバラミン(ビタミンB12):1,500μg
トコフェロールコハク酸エステルカルシウム(ビタミンE) :103.58mg
(dl-α-トコフェロールコハク酸エステルとして:100mg)
パントテン酸カルシウム:30mg
ガンマ-オリザノール:10mg

 

添加物として、乳酸Ca水和物、無水ケイ酸、ヒドロキシプロビルセルロース、セラセフェート、セルロース、バレイショデンプン、乳糖水和物、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、白糖、アラビアゴム末、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、タルク、酸化チタン、リボフラビンリン酸エステルNa、カルナウバロウを含有する。

 

 

 

■リョウシンJV錠の用法・用量は?

 

リョウシンJV錠は次の量を服用して下さい。

 

成人(15歳以上) :2錠〜3錠 1日1回
11歳以上15歳未満:1錠〜2錠 1日1回
11歳未満:服用しないでください

 

 

 

■リョウシンJV錠の飲み合わせについて

 

リョウシンJV錠の飲み合わせについて、健康食品やサプリメントのような食品との飲み合わせでは特に注意点はありません。

 

現在服用中のお薬との併用については、処方箋か一般薬品かを確認後、医師・薬剤師又は登録販売者に相談してください。

 

いずれにしても、リョウシンJV錠の飲み初めで不安や心配事があるときは、かかりつけの医師などへ相談するのが安心です。

 

 

 

■リョウシンJV錠の副作用について

 

リョウシンJV錠は医薬品ですので、副作用が出る可能性がゼロではありません。

 

胃が弱い方は、リョウシンJV錠の服用により吐き気・嘔吐・胃部不快感などの症状が現れる可能性もあります。

 

アレルギー体質をお持ちの方は、体調などにより反応が現れる可能性もありますので、事前に医師等へ相談してください。

 

外箱に書かれている副作用のほか、異常な諸症状が現れた時は、速やかに服用を中止して医師に相談するなど対処してください。

 

 

 

■リョウシンJV錠はひざの痛みに効果なし?

 

リョウシンJV錠は、食事からの吸収効率が悪く体内に蓄積できない栄養素のビタミンB群を中心に配合し、肉体や関節への疲労を和らげるのが主な目的と言えるでしょう。

 

痛みの原因には個人差があるため、効果が期待できない場合もあります。

 

効果の有無については1ヶ月程度を目安にし、改善が見られない場合は医師に相談するなどの対処がおすすめです。